2015年6月30日火曜日

バジル+トマト+ヌードルメーカー→


バジルを育てています。
種から育ててみました。
はじめてのことなので、どれほど育てればいいのかよくわからないのですが、
写真のようにこれだけ多くの葉っぱが揃ったので、食べてみました。
というか
水をあげたりする都度、とてもいい香りがして、我慢できなくなったという方が正しいかもしれません。植物を育てて食欲がそそられるというのも始めての経験です。

無農薬です。
というか、特に虫も付かなかったのでそのままというだけです。
このバジルの葉っぱを粉砕して、オリーブオイルとガーリックを混ぜて
バジルソースを作りました。
そして、お約束の

製麺機、「ヌードルメーカー」の登場です。


バジルパスタ完成です。
皿の端にあるプチトマトも
隣で作ったものです。
ちょっとした満足感です。

ちなみに
バジルですが
このように白い花を咲かせています。
知人によると、花を咲かせると、葉っぱが硬くなるとのことです。
聞いてからは、見つけるたびに積んでいます。
しばらく我が家ではバジル祭り三昧となりそうです。







2015年6月19日金曜日

京王電鉄「空き家巡回」と当社「空き家巡回サービス」について


6月11日付けの日経新聞(東京首都圏経済)のページで京王電鉄が空き家巡回を開始することが発表されていました。

当社が先駆けておこなっているサービスを追随する格好です。
もちろん当社がHPで発表しても日経に出るわけないので、天下の京王電鉄も追随しているつもりは毛頭ないとは思います。

当社と京王電鉄の空き家巡回(以下京王)との違いを改めて書いてみます。

エリア:京王→沿線の4区8市を想定、当社→千歳烏山駅周辺
メニュー:京王→施錠郵便簡易清掃他、当社→目視管理、写メ送信(京王の様なデラックスコースもあります)
料金:京王→9千円/月から、当社→500円/月から
知名度:京王→◎、当社→☓(現実は甘んじて受け入れます)

お客様のご判断でございます。
当社は「空き家」というお客様の生活圏外の資産を管理するご負担は、最小限で管理するべきと考えております。

詳しい内容のページはこちらをご参照下さい。
ご検討の程をよろしくお願いします。



2015年6月18日木曜日

社内研修その2(江戸東京博物館)

時間が若干経ってしまいましたが、続きを書いてみたいと思います。

東京スカイツリー→浅草浅草寺→の後は

江戸東京博物館に向かいました。
「15年3月にリニューアルされとても評判が高いので、是非おすすめです」
との旅行会社のセリフに言われるままに来たのですが
なるほどでした。
入館するや否や、木造の日本橋が目に飛び込んできます。
これはミニチュアではありません。入り口の受付を済ますと、この橋をわたって先に進むのです。
写真を見ても分かるように天井が高くなっております。まるで映画スタジオのようです。
あの不細工な建物も意味があったんですね。

日本橋を渡ると、こんどは本当の?ミニュチュア。日本橋周辺を再現しております。
時代劇とはまたちがった江戸の雰囲気を感じることが出来ます。
他には江戸城やその中の「松の廊下」などのミニュチュアもありました。

他にはこちらが↓映画セットの様に再現されたお寿司屋さんです。
露天売りだったとは聞いていましたが、なるほどこんなんだったんですね。
一貫がちょっとデカくおにぎりのようでした。
単なる歴史博物館と違い「江戸」「東京」という限定された歴史というコンセプトになっているのでピンポイントにクローズアップされているようにも感じました。
江戸時代の歌舞伎の舞台装置の解説についてはびっくりでした。

他にも個々に書いているときりのないほど様々な展示に正直見きれませんでした。
この博物館の所要時間を1時間としたのは正直間違えだったと思います。
個人的には3時間でも足りないと思います。


こちらが、今回のリニューアルで追加された2000年までの東京
ああ
私の知る東京も「歴史」の一部になっているんですねえ

上の写真の「プリントゴッコ」について
私と同年代の男の人が20代の女性に何をする道具かを説明している姿にちょっと驚きました。

まあ、そんなこんな充実した東京見学をいたしました。

東京スカイツリー→浅草浅草寺→江戸東京博物館
この東京見学コースはおすすめです。






2015年6月15日月曜日

社内研修旅行その1「東京スカイツリー/浅草寺編」

6月13日(土)当社はお休みをいただきまして
「社内研修旅行」に行ってまいりました。
研修です!

東京スカイツリー→浅草→江戸東京博物館

コテコテの下町見学コース!?
いや当初は葛飾柴又見学も希望として入っていたのですが、流石に1日では回りきれないということで浅草周辺に限定となりました。
東京在住者としては一度は抑えておきたいと思いながら行けない近くて遠い施設でもありますよね。そんな東京を研修してきました。

先ずは東京スカイツリー
写真を見てもお分かりの通り、朝はどんより曇空でした。
この梅雨シーズンの中休みですから雨が降っていないだけでもありがたいわけです。
我々は団体の予約をしていたのですんなり入れました。
と書きたいところですが、
その前に、すんなりバスが早く着きすぎてしまい、所定の時間よりも前に着いてしまいました。そこでメニューになかった「すみだ水族館」に入ってみました。
入館料2,050円って微妙に高い気もしましたが


なるほど最新の水族館の心地よさ、展示のクオリティーの高さになんとなく満足させられてしまいました。圧巻のペンギン水槽はド迫力でした。
ご家族もいいですが、カップルのデートコースとしても確立していることが伺えます。

東京スカイツリー

展望台はちょっとやっぱり視界が悪かったですが、それでも東京を一望するその大パノラマには満足するしかありませんです。
東京タワーしかしらない私としては「おそれいりました」としか言葉がありません。

とは言え、花より団子な私は降りての
カルビー直営店で揚げたての

チーズビットにほくほく顔な訳です。

さてスカイツリーからこんどは浅草浅草寺に向かいました。
某料理屋さんで昼食をした後、仲見世やらをウロウロした挙句、我々が向かったのが
浅草満願堂
名物「芋きん」(きんつばとはちょっと違う) 

薄い生地の中にねったさつまいもが入っています。
さつまいもの甘味の案配がたまらん訳です。

もちろん食べてばかりではなく、お参りもいたしました。


おみくじを引いたら私を含め当社社員3人連続「凶」でした・・・・・

まあ、人生色々あるわけです。大吉が出てればきっとこんなところで運を使って〜と
いうわけですか、よしとしておきます。

この後、江戸東京博物館に向かいました。ちょっと長くなったので、続きは次回書いてみます。



2015年6月12日金曜日

「ワイン食堂コモン」で舌つづみ

新しく千歳烏山駅前にオープンしたレストランを紹介します。

ワイン食堂コモン

昨日、こちらで食事をしてきたのですが、もうもう満席。
ガッチガッチのイタリアンというわけではありませんが、お箸でいただけるカジュアルなダイニングでしょうか。
個人的には「プロシュート生ハムの盛り合わせ」「バーニャカウダー」「ガーリックピザ」「牛ハラミステーキ」この辺が最高でした。
はい、しっかり写真撮り忘れております。
すいません。
是非一度足を運んでご確認下さい。


写り込んでいるのは当社の埼玉のスタッフです。

シンプルでおしゃれ、そしてとても落ち着く雰囲気はちょっと千歳烏山周辺では今まであまりなかったタイプかも知れません。
おすすめです。

住所:世田谷区南烏山5−32−6サンマルシェビルⅢ半地下1F
電話:03−6338−1656
営業時間:17時30分〜24時

2015年6月4日木曜日

家族で「サランヘ」へ行った

ホームページでもおすすめしている(リンク
「サランヘ」
へ、家族で行きました。
子供たちと一緒なので
ここのおすすめのホルモン系のお肉は選びませんでした。
我が家の子どもたちが一番食べていたのは
この無料取り放題のコーナー
色々なキムチ(白菜から大根、セロリ、山芋など)が取り放題になって並んでいます。
ここにあった「もやしのナムル」これに夢中になっていました。
なんて親孝行な子どもたちなんでしょう・・・・・・

と、いう結末では悪いので、しっかりご注文いたしました。
しかし、どうもまだ肉より米の方が好きなようで
焼きおにぎりだの海苔巻きなど
まあ、そのうち
肉食うなといっても肉食う用になるんだとは思います。

「サランヘ」
住所:東京都世田谷区南鳥山6-33-34  YKビル B1F
電話番号:03-5314-9755
おすすめです


2015年6月2日火曜日

空き家対策法について

http://mainichi.jp/opinion/news/20150530k0000m070122000c.html

空き家対策法について


空き家は全国に約820万戸あり、全住宅の7〜8戸に1戸の割合だ。今も増え続け、20年後には3戸に1戸になるとの予想もある。
<中略>
特措法は、放置され近隣の生活環境に悪影響を及ぼす空き家などを「特定空き家」と定義する。市町村は立ち入り調査し、撤去や修繕を所有者に指導、勧告、命令できる。勧告後は固定資産税の優遇措置が解除される。命令違反には過料が科せられ、強制的な解体もできる。

毎日新聞5/30

当社がお取扱いする「空き家」とは若干状態が違うようです。
というより、

この上記状態にならないように適切に管理をしたい。というお客様のご要望に応えたサービスが当社の「空き家巡回サービス」です。
詳しくは当社ホームページをご参照ください。

お客様のニーズによって巡回方法がかわります。
コストを最小限に抑える方法から
しっかりお部屋の中までチェックするご方法までご用意しております。

ニュースにもなっているお話ですので、気になっている方は是非一度おとい合わせ下さい。